2012年01月10日

熟年の夫婦性生活は量より質

熟年の夫婦性生活は量より質

夫婦の性生活において「お隣の熟年は夫婦生活が週2回だそうだ」というような回数に固執している傾向は少し問題ですね。

男女の体力的な格差、性欲の強さ、疲労度、住宅のレイアウト、家族構成、そして夫婦間の精神的な距離などなど、それぞれの家庭にはそれぞれの事情がありますから、お隣さんが週に2回だから、インターネット上で40代の夫婦は週2回だなどの情報に踊らされて、じゃあウチも頑張らなくちゃという短絡的な考え方はちょっといただけないですね。


H14.jpg熟年の夫婦生活に限らず、夫婦間のセックスは量より質を求めたほうが精神的な安らぎは大きいのではないでしょうか。

40代、50代のまだまだ性欲旺盛で愛し合える状態にあるのに、更年期障害やED(勃起不全)などでカラダが思うように愛し合えないという状況が来るわけです。

それならまだしもセックスレスの問題もあります。



ウチの夫婦は特にそうなんですけど、きっかけが見つからないんですよ。愛し合うという過程に向かうきっかけが・・・。


熟年離婚のカウントダウンと何とか止め、何かのきっかけを作って量より質の夫婦生活を営みたいというのが、私、個人的な切なる願いでもあるんです。

思い切って(でもないですけど・・・)、奥さんには内緒でラブコスメを買ってみようと思うんですけど、保守的な私にはちょっと敷居が高いのです。。。(インターネットでバンバン注文できる人が羨ましい)

インターネットでの買い物は少なくともお店に行ってレジの店員さんと顔を合わせることは絶対にないわけですから、店頭に行くよりもインターネットで買っちゃったほうがどんなに楽チンかは十分に分かってるんですけどね。




posted by 山田勇太郎 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦円満 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
夫婦円満の秘訣
夫婦名言集
夫婦問題無料相談室
夫婦トラブル解決
夫婦喧嘩について
夫婦の離婚問題
舅 姑問題
浮気問題について
夫婦の会話
夫婦価値観の違い
夫婦性生活問題
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。