2012年02月20日

熟年夫婦の性の実態

熟年夫婦の性の実態

夫婦生活は、「男性がリードする」もので、それに「妻は応じるのが心得」、「口にしてはいけない」。まあ、このへんは内容如何にかかわらず男女共にだいだい共通意見と言えましょう。

ふと目に留まるのが「目的は子供を産むこと」っていうあたりですね。

これは質問の出し方がちょっと意地悪かもしれません。

女性に目的は子供を産むことですか?って聞かれたら、いいえと全否定はできないですからね?

夫婦33.jpgこの質問に対しては男性の回答が若干リードしてますけど、男性が女性は子供を産んでればいいんだ、みたいな雰囲気に解釈できてしまうところが嫌ですね。

さて、ここからが大問題です。

40歳代からの男女1000人に聞いたアンケートの結果、「セックスを快楽とは思っていない」し「楽しいとも思っていない」という女性が30%近くを占めているという結果が出ています。

しかも男性はある程度、性は快楽で楽しいぞと言っているのに対して女性はそう考えていない。



これじゃまるで大奥の御輿入れ(おこしいれ)の風景みたいですね。

妻は夫に求められれば嫌とは言わず受け入れるのが心得で、子どもを授かるように一生懸命お努
めをするけれども、気持ちよくもなんともない!ということでしょうか?


今の20歳代・30歳代は少し変わってきているのかもしれませんが、40歳代以降の男女の意識の開き具合には大きなものがあるということになります。



posted by 山田勇太郎 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦円満 離婚 復縁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
夫婦円満の秘訣
夫婦名言集
夫婦問題無料相談室
夫婦トラブル解決
夫婦喧嘩について
夫婦の離婚問題
舅 姑問題
浮気問題について
夫婦の会話
夫婦価値観の違い
夫婦性生活問題
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。