2013年06月02日

嫁姑問題to 嫁姑問題とメディアの影響について

嫁姑問題にメディアはあまり関係ないような気がしますが、実は大きな影響があるのですね。

「嫁姑」というものに対して、世の中の一般的なイメージは良いものには映っていません。多くの場合仲良くやっていくのはなかなか難しいものという考え方が主流になっています。

嫁姑の中がしっくり行かないという風潮には、マスメディアの影響も大きいものがありそうです。

毎日なにげなく流されるテレビ、ラジオや、雑誌などの記事に取り上げられる嫁姑の話題は、険悪な内容ほど人の目にも止まりやすく、好奇心の強い読者の関心を呼ぶことになります。

嫁と姑2.jpgテレビドラマでは、嫁姑間での繰り広げられるバトルは、世の中に「意地悪な姑が嫁・じめをする」景色になって、知らず知らずのうちに「姑の意地悪さ」巻浸透していきます。

特に長男と結婚をした場合の心配が嫁の心の中にイメージとしてでき上がっていますので、姑と接する前から勝手に想像が膨らんで行くことにりります。

嫁姑の双方の間に問題は確かにありますが、メディアが流している情報も良い影響を与えていません。

必ずしも姑はドラマで描かれるようの人ではなく、中には、よく嫁に気をつかってくれる心細やかで優しい姑もおられます。


実際に会わない前から、世間一般のイメージの姑像に怯える必要はありません。

そうは言っても、残念ながら、メディアが伝えるような姑との確執の事態にあたってしまった場合は、それなりに対応を考えて行かざるを得ません。

結婚は夫婦の関係が大切だと考え、メディアが伝える「嫁姑問題=姑が悪い」という考え方に影響されて先入観を持ってしまわず、まずは姑のことをよく知るよう努力してみることが大切です。






posted by 山田勇太郎 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦円満 離婚 復縁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
夫婦円満の秘訣
夫婦名言集
夫婦問題無料相談室
夫婦トラブル解決
夫婦喧嘩について
夫婦の離婚問題
舅 姑問題
浮気問題について
夫婦の会話
夫婦価値観の違い
夫婦性生活問題
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。